コミュニケーションの場を作る!新入社員歓迎会はケータリングで!

新入社員歓迎会をどのように盛り上げようかお考えの方にはケータリングをおすすめします。ケータリングをきっかけにコミュニケーションの場を作ることができます。 - コミュニケーションの場を作る!新入社員歓迎会はケータリングで!

コミュニケーションの場を作る!新入社員歓迎会はケータリングで!

ytdjydt
4月になりますと、スーツが歩いているような光景を見かけます。
何とも不思議な表現をしてしまいましたが、「新入社員」が東京や名古屋大阪といった大都市圏だけではなく日本全国で見受けられるようになるのです。
彼らは希望と期待に心を膨らませ、いろいろな仕事に取り組んでいくのです。

新入社員は不安も持っている

当然ですが、新入社員というのは「不安」もたくさんもっています。
皆さんも経験がおありかと思いますが「仕事って一体どういうことをするのだろう」とか「自分でもお客様の相手や、普段の仕事をこなしていくことが出来るのだろうか」と不安に思うのです。

周りが助けてあげることも必要

こうした不安は、周りが助けてあげるすなわち「会社であなたはちゃんとやっていくことが出来るんだよ」と教えてあげることがとても大切です。
普段の仕事や、ちょっとした指導の時には「自分が若かったときもそういう失敗をたくさん重ねてきた」という失敗談を教えてあげると、新入社員に取ってみたら「このひともそういう失敗をしてきたのか」と安心できるのです。
特に最近の学校では失敗をするという経験をあまり教えませんので、大人になってから初めて失敗するという社会人も多いものです。
しかし、皆がそういう経験をしているんだよと言うことを先輩として教えてあげればよいのです。

会社の輪の中に飛び込んでこられるように

とはいっても、会社には行ってそれほど時間が経っていないときにはまず会社の人間関係になじませてあげることが欠かせません。
そのためには「新入社員の歓迎会を開催」することをおすすめします。
どこの会社でもこうしたイベントは開催していますが、久しぶりに新入社員を採用した会社ではついついそうしたケアを忘れがちで放置プレイになりがちです。

何か食べ物があると話が弾みやすい

新入社員歓迎会をするときには、何かイベントを用意するというのも大事ですが「食べ物をたくさん用意しておく」ことも必要なこととの一つといえます。
食べ物があれば、無口な人であったとしても食べ物を食べながら徐々に心を開いてくれて話が弾むと言うことが多いからです。

大きなお店でやらなくたって

食べ物を用意なければならないとばかりに、新入社員歓迎会は大きなお店で開催しなければならないと頭の中で考えてしまう方は多くいらっしゃいます。
「会社の経費がかかる」と、経営者側に取ってみたらもしかしたら厳しいことなのかもしれません。
しかし誰が大きなお店で新入社員歓迎会を開催しなければならないと決めたのでしょうか。

気持ちがどう込められているかが重要

新入社員歓迎会は、新しく入ってきた人が会社になじんでもらえるように開催するものです。
つまり、「迎える側がどれだけ気持ちを込めて開催するのか」と言うことがとても大切です。
ならば、場所だって会社の会議室でもかまわないですし食べ物だってケータリングを依頼したっていいのす。

会社の仲間として認めてあげよう

今回は、新入社員歓迎会でケータリングを利用する際のポイントやメリットなどをご紹介していきたいと思います。
会社の仲間として新入社員を認めてあげることは、せっかく採用した新入社員を生かすか殺すかのふたパターンにわたれてきます。
適当に新入社員をあしらえばあしらうほど、あなたの会社の倒産リスクは高まっていくことでしょう。
従業員として採用した以上、会社と共に発展していきたいと思えば思うほど会社は成長するのです。
■ケータリング選びでお困りならコチラ↓
ケータリング東京|CATERING SERVICE サンケイ会館

新着情報

◆2016/05/02
コミュニケーションの場を作る!新入社員歓迎会はケータリングで!の情報を更新しました。
◆2016/04/28
ケータリングで新入社員歓迎会をすると経費が安く抑えられるの情報を更新しました。
◆2016/04/28
レクリエーションだけの新入社員歓迎会じゃ緊張はほぐれない!の情報を更新しました。
◆2016/04/26
基本情報を新規投稿しました。
◆2016/04/26
新入社員が入ってきたら先輩がしてあげたいことの情報を更新しました。